The Japan
COVID-19 and Society Internet Survey

住民の健康と社会活動を守りたい!
日本における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)問題による
社会・健康格差評価研究

アーカイブ archive

研究の目的

新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより、各国でロックダウンや緊急事態宣言などが実施され、社会経済や生活全般、健康への影響が指摘されていますが、その実態は十分に把握されていません。

COVID-19の終息までには長い時間を要するとの見方がある上、将来的な未知の感染症の発生に備える意味でも、社会経済や健康の【格差】の実態を調査、分析することは重要だと考えます。

こうした問題について、「COVID-19の感染拡大による健康格差問題に取り組むためのデータが必要であり、医療制度などあらゆる政策を改善することに寄与する」との趣旨の評論が発表されています。(Nat Med 2020; 26: 458)

そこで私たちは学術研究チームを発足し、4つの目標を掲げ、調査を開始しました。

JACSIS研究について
  1. 目標1

    COVID-19の感染流行が社会経済・健康・生活全般に与える影響をデータに基づき科学的に分析する

  2. 目標2

    マスメディア・ソーシャルメディアを利用し、適切な情報提供を行う

  3. 目標3

    政府・自治体や各省庁・関係機関に情報提供を行い、政策立案の補助に資する

  4. 目標4

    科学論文として発信することで、COVID-19に関する世界のエビデンス構築に貢献する

活動実績 output

JACSIS研究の業績は以下のリンクからご覧になれます